バレーボール
[ バレーボール部 ]
  ・活 動 日:月~日
  ・活動場所:体育館
 
  【 実績 】
   <令和元年度>
  ・令和元年度 第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会 北部地区予選会 準優勝

 <平成30年度>
  ・平成30年度 春季大会 (北部支部予選会) ベスト4
  ・平成30年度 第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会 北部地区予選会 ベスト4
      ・平成30年度 第31回埼玉県民総合体育大会兼埼玉県高等学校バレーボール新人大会 北部地区予選会 第5位
      ・平成30年度 第31回埼玉県民総合体育大会兼埼玉県高等学校バレーボール新人大会 県ベスト16
      ・平成30年度 第2回埼玉県公立高等学校女子バレーボール大会 第3位
 
 <平成26年度>
  ・平成26年度 春季大会 (北部支部予選会) 第2位
  ・平成26年度 第68回 関東高校バレーボール大会 (埼玉予選会) 県ベスト32
  ・平成26年度 学校総合体育大会兼全国高等学校総合大会(埼玉予選会) 県ベスト32
  ・平成26年度 第67回 全日本バレーボール高等学校選手権大会(埼玉予選会)県ベスト32
  ・平成26年度 高等学校バレーボール新人大会 (北部支部予選会) 第3位
 
 
〈平成27年度〉
     平成27年度 関東大会県北予選 第5位
    
平成27年度 インターハイ県北予選代表決定戦 寄居城北2-0鴻巣
         平成27年度 インターハイ県予選 県ベスト32
 

 

 
 

 ~ 部員から一言 ~   
  顧問の立原先生・副顧問の平塚先生のご指導のもと、関東大会出場を目指し日々練習に励んでいます。
 バレーボールに興味のある人、一緒に関東大会を目指したい人!
 随時、入部希望者を募集しています。

女バレ

令和元年度 全日本バレーボール選手権大会埼玉県予選 大会結果

第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会北部地区予選会
   期 日: 令和元年11月8日(金)、11月9日(土)、11月10日(日)
   会 場: サイデン化学アリーナ
〈試合結果〉
   1試合目  寄居城北 (2-0) ふじみ野
   2試合目  寄居城北 (0-2) 狭山清陵  ベスト24  

 北部地区2位というプレッシャーを感じながら挑んだ県大会。3年生が出られるのもこの大会までで、敗退すればそこで引退になります。昨年は1回戦敗退という悔しい思い出でしたが、今回は二日目に残れるベスト16以上になるという気持ちで大会に臨みました。
 1回戦の相手はふじみ野高校と試合を行いました。1セット目は序盤からこちらがサーブで攻め立て、相手に思うようなプレーをさせずに試合を展開でき、危なげなくセットを先取しました。2セット目、相手も徐々にリズムを作り始めます。先ほどと同じような展開とはいかず一進一退の攻防。こちらは先ほどとは違い、ミスが出始めますが、後半持ち直し2セット目も勝ち取り、セットカウント2-0で勝利しました。

 2回戦の相手は1試合目をフルセットで勝ち上がってきた狭山清陵高校です。勝てば、ベスト16です。しかし、正セッターの1年生が前の試合中に腰を痛めてしまい、大会直前に戻ってきてくれた3年生のセッターが急遽入る事態に。試合は序盤からリズムが作れず、ミスを連発してしまいます。さらに、相手のエースにも攻められ、1セット目を落とします。続く2セット目も、前のセットから続く悪い流れを断ち切れません。こちらも攻めますが、相手の方が上手でした。結果、2セット目も落としてしまい、セットカウント0-2で試合終了。3年生最後の大会は、ベスト16という結果で終わりました。

 3年生で試合に出続けたエース2枚は、夏休みも休まず練習に参加し、大会でも攻守で活躍してくれました。他の2名も進路決定後、練習に参加し、ピンチサーバーやセッターとして先輩らしいプレーをしてくれました。3年間お疲れさまでした。

 次回は1月に行われる新人戦です。頼れるエースがいなくなり大変ですが、また県大会に出場できるよう頑張っていきたいと思います。

  今回は遠いところ応援に来ていただきありがとうございました。今後も応援よろしくお願いします。

令和元年度 全日本バレーボール選手権大会埼玉県北部地区予選会 大会結果

第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会北部地区予選会
   期 日: 令和元年10月26日(土)、10月27日(日)
   会 場: 小川高校
〈試合結果〉
 ●1日目
   1試合目  寄居城北 (2-0) 本庄東
   2試合目  寄居城北 (2-0) 小川 県大会出場決定
 ●2日目
   準決勝   寄居城北 (2-0) 秩父農工科学
   決勝    寄居城北 (1-2) 成徳深谷     

 中間考査後すぐというなかなか大変な日程でしたが、大会に参加してきました。今大会はいわゆる春高バレーにつながる大会で、正智深谷、本庄第一が抜けて、北部地区から6校いけるという非常に条件が良い形で臨めました。多くの3年生が残りがんばってくれているため、よりよい結果を残したいものです。
 1日目、1回戦の勝者である本庄東高校と試合を行いました。相手もエースが3年始が一部残っており油断はできませんでしたが、こちらの両エースが爆発し、城北ペースで試合を進めることができ、1セット目25-14、2セット目25-8で勝利を収めることができました。
 続く、第2試合目は顧問が就任してから公式戦で勝ちがない小川高校です。いつも県大会を決める大事な試合で対戦し、苦汁を飲まされてきました。今回はそのリベンジに燃える試合です。1セット目は序盤はシーソーゲームで進んだものの、中盤6点離され、たまらずタイムアウト。ここから、徐々に持ち直し、相手のエースが後ろに回った場面で同点に追いつきます。最後はこちらのエースが決めデュースにもつれた1セット目を28-26で勝ち取ります。2セット目もつらい試合は続きます。お互いに相手に油断を許さず大きく点が離れないまま、20点まで進みます。2セット目も相手のエースが後ろに回ったタイミングで攻め込み、エースが前に来る直前にこちらが攻め込み最後の1点を勝ち取り、29-27で苦しいセットを勝ち取り、2-0のストレートで無事に勝利!逆転差されてもあきらめず、レシーバーからスパイカーまで全員が粘ることでライバルに勝ちきることができました。また同時に県大会への出場も決めました!

  続く2日目。

 準決勝の相手は秩父農工科学高校です。序盤はこちらがサーブを狙いすぎ、なかなか入らずリズムを作れません。相手も同様にサーブミスをしてくれますが、中盤徐々に点差が離れていきます。そのまま先に23点を相手に取られますが、そこから城北らしい粘りのバレーをみせ、6連続ポイント!結果25-23で1セット目を先取します。第2セットは1セット目の流れのまま大きなミスもなく、自分たちのできるバレーをしっかりとしていき、逆転されることもないまま最後までいき、25-20で2セット目も取り、セットカウント2-0で勝利!決勝への進出を決めました。

 最後、決勝の相手は成徳深谷高校です。非常に波のあるチームですが、クイック攻撃など非常に攻撃のバリエーションが多いチームです。1セット目は序盤からサーブで相手をうまく崩したこともあり、こちらの攻撃がうまくはまり大きく点差を引き離します。相手もうまく攻撃がかみ合わず、ミスを多発。そのままセットも終わり、25-12と大差で勝利します。第2セットは1セット目とは打って変わり、シーソーゲームで進んでいきます。相手が徐々に本来の調子を取り戻し、クイック攻撃がはまり始め、またこちらの攻撃も相手に拾われ始めます。途中点差を少し離されその点差を詰めきれず19-25でセットを失います。そして最終セット、勝ったほうが優勝です。しかし、相手が本来の力を出し始めるとともに、こちらは体力の消耗や相手のプレーシャーからミスを連発。一度崩れたリズムはなかなか取り戻すことをできず、10-25の大差でセットを落とし、セットカウント1-2で敗退。

 今大会は準優勝をいう輝かしい成績を残しましたが、最後の試合から悔しさも残りました。次の県大会は3年生にとっては最後の大会になりますので、しっかりと練習してベストの状態で臨みたいと思います。

  今回は遠いところ応援に来ていただきありがとうございました。11月8日(土)に行われる県大会もぜひ応援にお越しください。応援よろしくお願いします。

集合時の様子 試合開始時の様子 勝利の瞬間

令和元年度 埼玉県高等学校バレーボール 北部支部技術講習会1年生の部 結果

令和元年度 埼玉県高等学校バレーボール 北部支部技術講習会1年生の部
   期 日: 令和元年9月28、29日(土、日)
   会 場: 鴻巣女子高校
〈試合結果〉
   1試合目  寄居城北 (1-2) 鴻巣
   2試合目  寄居城北 (2-0) 本庄

 1年生のみで大会に臨みました。今年のチームは1年生が5人しかおらず、バレー経験者を2名助っ人として参加してもらい出場してきました。

 1試合目、鴻巣高校との試合でしたが、なかなかいつも通りのプレーができず、ミスを連発。結果、1セットは取ったものの、最後は離され敗戦してしました。

 2試合目の本庄高校との試合では、1試合目よりは通常通りのプレーができるようになり、苦戦はしたものの2-0のストレートで勝つことができました。

 しかし、代表決定戦に残ることができず予選リーグで敗退しました。

 助っ人も含めて、1年生のみで頑張りましたがまだまだ反省が残る大会でした。

 

 また、今大会は北部地区の選抜選手を決めるための大会でもあり、寄居城北からは 五十嵐 もえ が北部地区選抜に選ばれました。まだまだ粗削りですが、今後選抜での試合もあるので、応援よろしくお願いします。

 

 今回も応援ありがとうございました。次の大会は春高予選になります。県大会目指して頑張っていきます。

令和元年度学校総合体育大会バレーボール競技埼玉県予選結果

令和元年度学校総合体育大会バレーボール競技埼玉県予選
   期 日: 令和元年6月18日(火)
   会 場: 本庄総合公園体育館
〈試合結果〉
   1回戦  寄居城北 (2-0) 松伏
   2回戦  寄居城北 (1-2) 久喜

 更新が遅れてしまいました。三年生の集大成をみせるインターハイ予選。目標はベスト16。今大会は参加数が70チームを超えるため、目標達成は高い壁があります。春季大会から1ヶ月。あそこで負けた悔しさを胸に、県大会出場に向けてインターハイ予選に出場しました。城北はシードをもっているので、1度勝てば県大会。しかし、大会前にケガ人がでてしまい、1年生2名が代わりに出場して臨みました。
 初戦は松伏高校。春に行われた公立高校大会ではこちらが勝ちましたが、相手は関東予選の県大会に出ているため油断はできません。1セット目、序盤から両エースが活躍し相手を寄せ付けません。さらに相手のエースからの攻撃にもしっかりと耐え、城北らしさをだして1セット目を25-17で取ります。続く2セット目、相手も本来の力を出し始めたのか1セット目とは打って変わり攻められます。しかし中盤から徐々に持ち直し、セット終盤に逆転!流れそのままに2セット目も25-21で取り、無事に初戦を突破しました。
 続く2試合目は難敵 久喜高校です。一つ一つのプレーのレベルが高く、堅実なプレーをしてくる格上の相手です。1セット目、こちらも自分たちの限界の力を出しますが、相手のレシーブをなかなか打ち崩せず、ずるずると点差が離されていき、結果16-25でセットを落とします。続く2セット目、1セット目同様なかなか相手のレシーブは崩せないものの、もうだめかと思いましたが、こちらも徐々に相手の戦い方が分かり徐々に点差を詰めていきます。そして、セット終盤、こちらが粘り続け相手のミスを誘い、逆転に成功!2セット目を
26-24という接戦で取ります。そして最後の3セット目、勝てば明日に続きますが、負ければ引退。お互い落とせないセットです。2セット目の流れそのままにこちらも攻めようとしますが、相手もこういう場面に慣れているのかなかなか崩せません。こちらも粘りますが、相手のサーブやスパイクが上手なのもあり、1セット目同様、点差が徐々に離れていきます。最後の最後まで粘りましたが、結果力負け。16ー25でセットを落とし、セットカウント1-2で2回戦敗退。しかし、両チームともに一つ一つのプレーのレベルが高く、だれが見ても全力を出したということが分かる悔いの残らない素晴らしい試合でした。
 3年生人数が少ないながら1年間お疲れさまでした。3年生の集大成をしっかりと見せられた大会だったと思います。このあとも選手権という3年生も出られる大会がありますが、一旦引退。後輩たちも先輩たちの背中をみて今後頑張ってほしいと思います。

 今回も応援ありがとうございました。新チームの応援もよろしくお願いします。

令和元年度学校総合体育大会バレーボール競技北部地区予選結果

令和元年度学校総合体育大会バレーボール競技北部地区予選
   期 日: 令和元年5月28日(火)
   会 場: 本庄総合公園体育館
〈試合結果〉
   代表決定戦  寄居城北 (2-0) 熊谷商業

 春季大会から1ヶ月。あそこで負けた悔しさを胸に、県大会出場に向けてインターハイ予選に出場しました。城北はシードをもっているので、1度勝てば県大会。しかし、大会前にケガ人がでてしまい、1年生2名が代わりに出場して臨みました。
 代表決定戦の相手は1回戦を勝ち抜いてきた熊谷商業高校です。練習試合では負けていない相手で、ミスなく試合をすることが重要な試合でした。
 試合は終始こちらに流れが来ている展開でした。こちらの両エースがしっかりとスパイクを決め、1年生や他のメンバーもミスなく自分たちの役割を全うし、リードしていきます。一方相手は、疲れや緊張もでたのか、サーブミスやスパイクミスもあり、1セット目を25-16、2セット目を25-8でとり、無事に県大会出場を決めました。
 次の6月18日に行われる県大会は3年生にとって重要な大会です。これまでの3年間の成果を発揮して、悔いの残らないように全力で取り組んでこようと思います。

 今回も応援ありがとうございました。次も平日ですが、応援よろしくお願いします。

平成31年度埼玉県埼玉県高等学校バレーボール大会北部支部春季大会結果

第2回埼玉県公立高等学校女子バレーボール大会
   期 日: 平成31年4月20日(土)、21日(日)
   会 場: 深谷商業高校
〈試合結果〉
 ●1日目
   1試合目  寄居城北 (2-0) 滑川総合
   2試合目  寄居城北 (2-0) 成徳深谷
 ●2日目
   1試合目  寄居城北 (0-2) 熊谷女子
 

 2年連続県大会出場をかけて、春季大会に臨んできました。
 1日目、1回戦を勝ち抜いてきた滑川総合との試合。常日頃から出だしは自分たちの実力を出し切れず、苦戦することが多いのですが、この日は違いました。相手のスパイクをことごとく拾い、スパイクも積極的に打っていきます。時々、ミスはでたものの危なげなくセットをとり、25-16、25-13で勝利を収めました。

 2試合目は勝ち上がってきた成徳深谷戦です。前回の新人戦では代表決定で見事勝利をおさめ、県大会への切符を手にしました。しかし、先ほどのような試合ができれば勝てるだろうと思い挑みましたが、緊張からなかなか思うようにプレーできません。あれだけ決まっていたスパイクもアウトになり、ブロックをしても利用され相手の得点に…なかなかこちらのリズムをつかむこともできず、17-25でセットを落とします。2セット目、先ほどと心を入れ替え挑み、徐々にスパイクが決まり始めるも、流れは相手。1セット目を落とした影響が大きく、城北らしいプレーはなかなかだせず、17-25でセットを落とし、敗退。2年連続ベスト4とはならず、代表決定に回ることになりました。

 2日目、相手は本来第2シードの熊谷女子高校との対戦です。昨日、秩父農工科学が熊女に競り勝ち、まさかの代表決定での対戦です。1セット目は一進一退の攻防です。こちらがスパイクを決めれば相手も返す。この繰り返しでした。しかし、両チームとも20点を超えたあたりで相手がチャンスでしっかりとスパイクをきめ、こちらはスパイクをミス。最後に流れをもっていかれ、21-25でセットをとられます。このまま負けてはいられません。ここで負ければ県大会への切符を逃してしまいます。しかし、セットの出だしは最悪でした。サーブカットも上がらず、チャンスボールも拾えないなど先ほどの城北とは違うような雰囲気。結果10点差以上の差をつけられ、序盤でタイムアウトを使い切ります。自分たちだけでやるしかなくなってからもなかなか調子はあがらず、8-25という不甲斐ない結果で終わりました。その結果、続いていた県大会への出場を逃しました。

 昨年度でついてきた自信が、いつの間にか慢心になっていたのかもしれません。これから一か月しっかりと練習して、自分たちを見つめなおし、結果を残せるよう顧問・部員一同頑張っていきたいと思います。

 今回も応援ありがとうございました。次も応援よろしくお願いします。

平成30年度埼玉県公立高等学校女子バレーボール大会結果

 第2回埼玉県公立高等学校女子バレーボール大会
   期 日: 平成31年3月27日(水)、28日(木)
   会 場: 深谷ビッグタートル
〈試合結果〉
 ●1日目
   1試合目  寄居城北 (2-0) 川越女子
   2試合目  寄居城北 (2-0) 狭山清陵
 ●2日目
   1試合目  寄居城北 (2-0) 松伏
   2試合目  寄居城北 (0-2) 小川
 

 昨年度から「公立高校も私立高校に負けないよう頑張ろう!」という目的で実施されている公立高校大会。参加資格が新人戦県大会に参加しているチームということもあり、昨年度は参加できませんでしたが、今年度は県ベスト16に入ったこともあり、シードとして参加しました。
 1日目、1回戦を勝ち抜いてきた川越女子高校との試合。前の代では関東予選で対戦し負けてしまったチームです。試合の序盤、シードのため十分にアップができていない状況に加えて、相手は勝ち上がってきたこともあり勢いがあり5点差のリードをされます。しかし、今の城北は諦めないのが特徴!徐々に自分たちらしさを出していき、相手が先に20点を取られたもの、そこから逆転!1セット目を取りました。2セット目も流れはそのまま、城北らしさを出し続け2セット目も無事に取り、初戦を突破しました!

 続く、第2試合目は狭山清陵高校です。新人戦では西部地区1位で県大会に出場した実力も確かなチームです。相手の特徴は身長177cmの絶対的なエース。このエースを攻略できれば活路が見えてきます。1セット目、相手のエースはやはり強敵でやられるものの、すぐに勝機がやってきました。エースが後衛でリベロと交代。相手のエースがコートにいない隙にリードを広げ、城北に流れを持ってきました。結果、両セットともセットを取り、1日目の予選を1位で突破しました。

 2日目は1部トーナメントです。昨日の結果からシードのため、初戦は1回戦を勝ち上がってきた松伏高校でした。松伏高校も170cmを超える選手が二人もおり、苦戦を強いられましたが、相手のミスがこちらよりも多く、こちらの粘り勝ち。1セット目を25-20、2セット目を25-22で取り、ぎりぎりながらストレートで勝利を収め、準決勝への進出を決めました。

 準決勝の相手は因縁の小川高校です。今年度の新人戦地区大会では、辛酸を舐めさせられている相手です。小川は1日目、2日目とフルセットが多く、あまり調子が良かったとは言えない状態で、リベンジする大きなチャンスでした。試合は一進一退の展開。お互い手の内はわかっているので、両チームともにエースが奮闘します。しかし、10-10の場面でこちらがサーブミス…ここから徐々に流れが小川に傾いていき、粘るものの23-25で1セット目を落とします。続く2セット目、ここから2セット連取しようと意気込むものの、相手のエースを攻略できず。1セット目に持っていかれた流れを引き戻すのは難しく、17-25で2セット目も取られ、準決勝敗退が決まりました。

 しかし、結果として堂々の3位入賞!日々の成長が感じられるが感じられる大会でした。また、今大会は優勝は市立川越高校でしたが、準優勝は小川高校、もう一つの3位が熊谷女子高校ということで、北部地区の3チームがベスト4に名を連ねました。北部地区のレベルの高さが感じられます。

 新年度も昨日からスタートし、新入生も続々と入ってきます。昨年度は部員が少なく、色々と大変でしたが、より多くの新入生に入部してもらえれることを期待します。そして今年度は昨年度以上の結果を残せるよう顧問・部員一同がんばっていこうと思います!

 今回も応援ありがとうございました。今年度も応援よろしくお願いします。
 整列時の様子 試合中の様子 
 集合時の様子

平成30年度 埼玉県高等学校男女バレーボール新人大会 試合結果

 第31回埼玉県民総合体育大会兼埼玉県高等学校バレーボール新人大会
   期 日: 平成31年2月1日(金)、2日(日)
   会 場: 本庄総合公園体育館
〈試合結果〉
 ●1日目
   1試合目  寄居城北 (2-0) 浦和南 県ベスト16決定
   2試合目  
寄居城北 (0-2) 春日部共栄
 
 地区大会からわずか2週間という短い期間ながら、県大会に向けて練習に励んできました。今年度の県大会は今まで全て初戦敗退。今大会こそは県大会での勝利を収めたいところです。

 1日目、浦和南高校と試合を行いました。練習試合では一度も負けたことのないチーム。油断なく自分達のプレーができれば、勝てる相手だと思われます。しかし、試合の序盤、普段やる環境の違いや緊張からか思ったようにプレーができず、城北らしさをだせずミスを連発します。しかし、何とかレシーブで粘り続け、25-16、25-22で2セットを連取し、無事に初戦突破!今年度初めて県大会で勝利を収めることができました。

 続く、第2試合目は強豪 春日部共栄高校です。今大会でも第2シードで、平均身長は170弱で大きい選手しかおらず、城北としては圧倒的不利な状態。相手は1セットにサーブミスを連発、こちらも付け入るスキがあるように思われましたが、相手の圧倒的な高さから繰り出されるスパイクとブロックに苦戦を強いられます。なかなか自分たちのリズムに持ってくることができず、両セットともに12-25で落とし、敗退。春日部共栄は今大会で準優勝になり、県上位の壁を感じた大会でした。

しかし、今大会の成果として

県ベスト16に進出!!
寄居城北高校としては4年ぶりの快挙!


 大会のメンバー登録者数は8名と最も少なく、代わりもいないという過酷な状態のなか、選手一人一人の頑張ってくれたと思います。また、県大会での1勝はチームの自信につながる大きな1勝です。

 さて、次の大会は春季大会です。今年度は北部ベスト4に残り、県大会につながった大会。来年度もしっかりとベスト4、いやそれ以上を目指して頑張っていきます。

 今回は遠いところ応援に来ていただきありがとうございました。今後とも応援よろしくお願いします。

 集合時の様子 試合中の様子 整列時の様子


平成30年度高等学校バレーボール新人大会 北部地区予選会

 第31回埼玉県民総合体育大会兼埼玉県高等学校バレーボール新人大会 北部地区予選会
   期 日: 平成31年1月19日(土)、20日(日)
   会 場: 松山女子高校、熊谷商業高校
〈試合結果〉
 ●1日目
   1試合目  寄居城北 (2-0) 熊谷西
   2試合目  
寄居城北 (0-2) 小川
 ●2日目
   代表決定戦 
寄居城北 (2-1) 成徳深谷 県大会出場決定!

 前回の選手権は3年生も参加しての大会でしたが、今回は1,2年生で挑む新人戦。今回、県大会を決めれば今年度の県大会全てに出場したことになります。
 1日目、1回戦の勝者である熊谷西高校と試合を行いました。夏季大会、選手権でもあたり1勝1敗と選手たちの中でも多少のやりにくさはあったようですが、終始こちらのペースで試合を進めることができ、1セット目25-17、2セット目25-15で前回と比べても素晴らしい内容で勝利を収めることができました。
 続く、第2試合目は小川高校でした。練習試合もよくやる相手、お互いに手の内はわかっている状態での試合です。こちらは相手のエースをエースで徹底的にマークという作戦で挑みました。1セット目終盤までお互いに譲らない展開をみせ、相手が23点の時にサーブミス!こちらもここで追いつけると思いましたが、点をとれず22-25で1セット目を落とします。2セット目は序盤からこちらがリードし、試合を優位に進めますが、途中からこちらは疲れがでたのかミスを連発。そのまま逆転され16-25で取られ、ストレート負け。県大会出場は代表決定戦にまわることになりました。

 2日目、代表決定の相手は成徳深谷高校です。相手はコンビバレーで夏季大会でも優勝おり、練習試合でも負け越している相手です。代表決定の相手としてなかなか高い壁となりました。しかし、試合はこちら優位の展開で始まりました。相手はミス、こちらはスーパーレシーブ
を連発し、1セット目を25-18で取りました。しかし、相手は正徳深谷、このまま終わらせてくれるはずもありません。2セット目は序盤からコンビを連発。1セット目とは戦い方を変えてきて、途中10点近く点差をつけられます。しかし、ここで諦めないのが今年のチーム。徐々に自分たちの雰囲気を出していき、3点差にまで差を縮めます。しかし、最後にサーブミスもあり、2セット目は20-25で落とします。最終セットは2セット目終盤の勢いそのままにこちらのペースで進んでいきます。相手が打てばこちらはレシーブと一進一退の攻防の末、25-17で最終セットを獲得!
結果、セットカウント2-1で勝利!!

新人戦県大会出場決定!今年度すべての県大会に出場!

今年度北部地区ですべての県大会に出場したのは、本校以外には正智深谷高校と本庄第一高校のみということで、日々の努力の結果が出ていると思います。

 県大会は2/1からで、残りの日数も少ないですが、次は県大会での勝利を目指して頑張って練習したいと思います。

 今回は遠いところ応援に来ていただきありがとうございました。県大会は2月1日(金)と平日に行われますが、県大会もぜひ応援にお越しください。応援よろしくお願いします。

スパイクの瞬間 サーブの様子 集合時の様子

第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会埼玉県予選会組み合わせ

 11月10日(土)に行われる選手権大会の組み合わせが決まりましたので、報告させていただきます。

 日時:11月10日(土) 第3試合
 会場:岩槻文化公園体育館 Gコート
 対戦校:埼玉平成高校

 このように決まりました。決勝戦は11月17日にテレビ埼玉で放送もされるような大会です。応援のほどよろしくお願いします。