日誌

城北日誌

三送会

 ついに、3年生を送る「三送会」の日となりました。3年生は前日に学年末考査が終わり、生徒の顔も晴れ晴れとして今日を迎えました。1限はテスト返却、2限はロッカーや教室の片付け・整理、そして3限から生徒会主催の三送会となりました。

 本来であれば、先輩を慕う在校生の熱いまなざしを受け、3年生のエネルギーが発散される会となるはずでした。しかし、今年度はコロナ対策のため、1・2年生は授業となり、体育館での会は3年生だけになってしまいました。

 最後の学年集会のあと、校長・生徒会長の挨拶ではじまりました。部活の後輩からのビデオレター、三年間を振り返ってのスライドショーと続き、担任からの言葉で幕となりました。この場にいない在校生の気持ちを思うと、3年生の静寂さが胸に響きました。

 

  最後の学年集会をかみしめる生徒たち   後輩からのビデオレター(1)  後輩からのビデオレター(2)

 最後の学年集会をかみしめる生徒たち    後輩からのビデオレター(1)      後輩からのビデオレター(2)

  修学旅行・尻別川でのラフティング  生徒に語りかける担任の思い  未来に向かう生徒たち

 修学旅行・尻別川でのラフティング     生徒に語りかける担任の思い       未来に向かう生徒たち

 


   

3学期始業式

 いよいよ3学期が始まりました。本日から緊急事態宣言期間に入り、学校も1時間遅れの登校や短縮授業の実施などの対応をとりました。今までより一層、緊張感を持ちながらの教育活動を送ることになります。

 始業式は以前と同様に放送によるものとなり、校長の話と教務主任からの連絡がありました。

 校長からは「最後まで何があるかわからないとは、最後まであきらめないということと、最後まで油断しないという二つの側面があります。3年生の皆さん、卒業まであとわずかです。油断することなく高校生活最後を有終の美で飾ってください。2年生、1年生の皆さん、油断することなくひたむきに取り組んでもらいたいと思います。

 そして、新型コロナウイルス関連で様々な混乱が生じる中、皆さんの落ち着いた行動に心から感謝しています。今年も、皆さんの頑張りを大いに期待しています。」という話がありました。

     密にならない登校風景      放送室で熱く語る校長

       密にならない登校風景          放送室で熱く語る校長

 

2学期終業式

 ついに2学期も終了となりました。コロナ禍のなか授業も学校行事も変えることを余儀なくされ、今までにない状況でした。放送による終業式も普通になってしまい、生徒の表彰も放送でおこなわれました。

 校長からは、「ピンチをチャンスに」の下、3年生には「卒業後の進路」、2年生には「学校のリーダー」、1年生には「努力と成長」についての話がありました。生徒指導主任からは「言霊」に関連しての話が、教務主任からは「冬期休業中や3学期の授業」についての連絡がありました。(コロナ感染対策のため、授業形態が変わりますのでご注意ください)

 放送室で話す校長 教室で放送を聞く生徒 教室での表彰

   放送室で話す校長     教室で放送を聞く生徒         教室での表彰       

2学期球技大会

 学期末テストも終わり、少し寒いですが晴天に恵まれ、生徒が楽しみにしていた球技大会の日となりました。種目は、男子がサッカー、女子はバレーボールで、各クラス1チームです。クラス一丸となって競い合い、熱い声援のなか、盛り上がりました。

 

放送による大会実施上の注意 サッカーの試合 バレーボールの試合

  放送による実施上の注意を教室で聞く       グランドでのサッカーの試合        体育館でのバレーボールの試合

校外清掃

令和2年12月15日(火)校外清掃

3年生が校内、校外の清掃をしました。落ち葉、ごみなどを拾いました。

近隣住民の皆様、日頃大変ご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。

今後ともよろしくお願いいたします。