日誌

卓球部日誌

令和2年度3月~令和3年度4月 卓球部活動報告

 お世話になっております。卓球部顧問です。令和2年度3月~令和3年度4月の活動報告です。

 緊急事態宣言のため、2月中は部活動を実施することができず、練習を再開することができたのは、3月中旬からでした。そこから練習に励み、3月29日(月)にくまがやドーム体育館で行われた技術講習会に参加しました。今回は女子のみの参加でしたが、早稲田本庄高校・本庄高校・深谷第一高校と試合をしました。負けることが多かった様子でしたが、久しぶりの外部との試合に刺激を受けた様子でした。

 4月10日(土)に、進修館高校・児玉白楊高校と練習試合をしました。レベルの高い相手に積極的に試合をし、大会までの課題を各自確認しました。

 4月26日(月)・4月27日(火)は学校総合体育大会北部予選がありました。1日目は、男子シングルス・女子ダブルスでした。男子は、小笠原(秩父第一中出身)・岡部(男衾中)が初戦は勝つことができましたが、2回戦で苦手な戦型の選手に当たってしまい、破れてしまいました。女子は、加藤(熊谷奈良中出身)・稲山(花園中出身)ペアが初戦は勝つことができましたが、2回戦はシードの選手相手に破れてしまいました。

 2日目は、男子ダブルス・女子シングルスでした。男子のダブルスは、2ペアとも初戦で破れてしまいました。女子のシングルスは、3年生の加藤・2年生の稲山・1年生の串田(影森中出身)の3名が初戦は勝つことができましたが、2回戦はシードの選手相手に歯が立たず、破れてしまいました。

 2日目の夕方には、男女とも団体戦がありました。男子は、小川高校と試合をし、0-3で破れてしまいました。女子は、熊谷農業高校と試合をし、1-3で破れてしまいました。男女とも、久しぶりの団体戦で、緊張してしまい、本来の力を発揮できなかったようでした。

 4月の学校総合体育大会は少し残念な結果でした。3年生はこれで引退となります。コロナに翻弄された世代でしたが、諦めず協力して練習に励んでいて、部活動を通じて心も身体もたくましく成長したように感じます。部活動で鍛えた力を、今度は進路活動やこれからの人生に活かしてほしいと思います。

 部長・副部長も代わって、チームは新しい体制となります。気持ちを新たに、目標に向かって練習に励んでいきますので、これからも応援よろしくお願いします。 

令和2年度10月~1月 卓球部活動報告

 お世話になっております。卓球部顧問です。令和2年度10月~1月の活動報告です。

 10月~11月にかけて、熊谷商業高校・滑川総合高校・妻沼高校・児玉白楊高校と練習試合を行いました。部員たちは積極的に試合を行い、自身の課題を確認することができ有意義な練習試合となりました。

 1月26日(火)・1月27日(水)の2日間、くまがやドーム体育館で行われた新人戦北部支部予選(シングルス)に出場しました。緊急事態宣言中の開催だったので、男女合計5名のみの出場でした。なかなか思うように練習できない状況だったため、残念ながら全員初戦で敗退でした(うち女子1名は1回戦不戦勝)。結果は残念でしたが、出場した部員たちは格上の選手相手にも粘り強く戦って、秋の大会の時よりも自分のプレーをできるまで成長している様子が見られました。

 次の大会は、4月に開催される学校総合体育大会です。現2年生にとっては最後の大会になります。部活動が再開できましたら、部員一丸となって、県大会出場を目指して練習に励んでいきますので、応援よろしくお願いします。

令和2年度4月〜9月 卓球部活動報告

 お世話になっております。卓球部顧問です。令和2年4月以降の卓球部の活動報告です。

 コロナ感染防止に伴う臨時休校のため、4月・5月は部活動を実施することができず、6月下旬になってから部活動が再開されました。3年生は、8月上旬に深谷のビッグタートルで行われた学校総合体育大会(夏季大会)をもって、引退となりました。

 9月22日(火)・23日(水)に、北部支部卓球大会に出場しました。新しい体制となってから、この大会に向けて、練習に励んできました。コロナ禍の状況のため、思うように練習に打ち込めない中でしたが、限られた練習時間を部員たちは一生懸命練習していました。

 初日は、シングルスと団体戦の1回戦です。まず男子のシングルスですが、全員1年生のため試合経験が不足して、残念ながら全員2回戦までで敗退となってしまいました。1月の新人戦では、勝ち上がれるように頑張りたいと思います。女子のシングルスですが、2年生の加藤(奈良中出身)・1年生の稲山(花園中出身)の2人がベスト64に残ることができました。しかし、2年生の加藤は前回の1月の新人戦でベスト32だったので、少し残念な結果となってしまいました。

 男子の団体戦1回戦ですが、本庄東高校と対戦しました。事情により、エースの2年生男子を欠く状況での戦いとなりました。1年生だけのチームで少し不安だったのですが、シングルスの反省をしてくれたようで、1年生の加藤(城南中出身)が、シングルスでベスト16に入った相手選手を破るなど健闘しました。残念ながら、チームは2-3で惜しくも負けてしまいましたが、今後に期待できる結果となりました

 女子の団体戦1回戦ですが、進修館高校と対戦しました。団体戦特有の緊張から、思うようなプレーをすることができず、チームは3-2で、ギリギリ勝つことができたという結果でした。

 2日目の2回戦は、松山女子高校と対戦しました。全く歯がたたず、0-3で敗れてしまいましたが、団体戦の雰囲気に慣れてきて、皆思い切ったプレーをすることができ、良い経験となりました。

 4月の学校総合体育大会がなかったため、9月の北部支部大会は、1年生にとって初めての大会でした。結果は残念でしたが、入部してからの成長を感じることができる内容でした。今後に繋がる経験を得ることができた大会になったと思います。次の大会は1月の新人戦です。県大会出場を目指して、練習に励んでいきますので、これからも応援よろしくお願いします。

寄居城北高校卓球部へのお誘い

 こんにちは。卓球部顧問の髙田です。1年生の皆さんに、卓球部の紹介をします。

 卓球部は、現在3年生4名(男子3名・女子1名)、2年生6名(男子3名・女子3名)の合計10名で活動しています。現在は、新型コロナウイルスの感染防止のため、部活動は行われていませんが、普段は平日の放課後16時から18時30分まで、休日の9時から13時頃まで練習をしています。スクールバスを利用する部員は、18時15分に練習を終えて、18時30分の2便に乗って帰宅しています。

 部員は、顧問と部員で相談して決めた練習メニューに毎日真面目に取り組んでいます。部員同士で、互いにアドバイスしあって、日々技術の向上に取り組んでいます。一方で、明るい性格の部員が多く、休憩の時間では、賑やかに過ごしています。

 10名の部員たちは、入部した当初は、強くフォアハンドが打てなかったり、足が動かなかったりして、なかなか試合で勝つことはできませんでしたが、1年間練習に励んだことで、地区大会で上位に進むことができるまで上達しています。

 さて、6月22日(月)から、部活動が再開される予定です。卓球部は体育館の2階で活動しますので、ぜひ放課後見学に来てください!経験者はもちろん、高校から卓球を始めたい人も大歓迎です!特に中学校で卓球をやっていた人は、ぜひ卓球を続けてほしいです!中学校で練習して習得した技術を、高校で一緒に伸ばしていきましょう。待ってます!

令和元年度10月〜1月 卓球部活動報告

 お世話になっています。寄居城北高校卓球部顧問です。令和元年度10月~1月までの卓球部の活動報告です。
 まず練習試合の報告です。10月は、小川高校と合同練習及び練習試合をしました。11月は、北本高校、滑川総合高校と練習試合をしました。12月は定期考査等のため練習試合はできませんでした。1月は、本庄高校と練習試合をしました。どれも有意義な練習試合となりました。ありがとうございました。

 次に大会の結果です。

 12月15日(土)・16日(日)の2日間は、上尾運動公園体育館で埼玉県ジュニア卓球選手権大会(シングルス)がありました。男子は全員勝ち上がることはできませんでしたが、女子は1年生の加藤(奈良中出身)が勝ち上がることができ、ベスト256に入りました。

 1月6日(月)には、上尾運動公園体育館で埼玉県ジュニア卓球選手権大会(ダブルス)がありました。男子は全ペア勝ち上がることはできませんでしたが、女子は2年生の新井(小鹿野中出身)・1年生の加藤のペアが勝ち上がることができ、ベスト64に入りました。
 1月27日(月)・28日(火)・29日(水)は新人戦県北予選に出場しました。生徒たちは、この大会で勝ち上がり、県大会に出場することを目指して練習してきました。
 まず初日は、シングルスでした。男子は2年生の丸岡(岡部中出身)が3回戦を勝ち上がり、ベスト64まで進みました。4回戦では、序盤はリードしてましたが、途中で逆転され惜しくも敗れてしまいました。女子は1年生の加藤が3回戦まで勝ち上がり、ベスト32まで進みました。次勝てば県大会出場というところで、外シードの選手に0ー3で敗れてしまいました。残念ながら県大会出場とはなりませんでしたが、1年生が2学期に大きく成長し、県大会出場する手前まで行くことができるようになりました。
 2日目の午前はダブルスです。男子は残念ながら勝ち上がることはできませんでしたが、女子の2年生の新井・1年生の加藤のペアはベスト32まで勝ち上がり、次勝てば県大会出場というところまでいきました。しかし、外シードのペアを相手に序盤は競っていたものの、中盤以降離されて結果1ー3で敗れてしまいました。
 2日目の午後は男子の団体戦です。1回戦の相手は妻沼高校でした。1番手の栗原(男衾中出身)、2番手の高橋(岡部中出身)、ダブルスの高橋・小笠原(秩父一中出身)のペアがすべてセットカウント3ー0で勝ち、結果3ー0で勝つことができました。
 3日目は男子団体戦の2回戦以降です。2回戦の相手は正智深谷高校でした。勝てば県大会出場となります。しかし、1番手・2番手・ダブルスと取ることができず、0ー3で敗れてしまいました。
 敗者復活戦の相手は、小川高校でした。1番手の小笠原は、3ー1で勝利しましたが、その後が続かず、結果1ー3で敗れてしまいました。
 残念ながら、新人戦での県大会出場は逃してしまいましたが、男女とも県大会出場まであと一歩というところまで進むことができました。一人ひとりが、入部した時に比べると地区大会でしっかり戦えるまで成長したことを実感します。互いにアドバイスをしながら、しっかりと声を出して戦い、応援する生徒たちを頼もしく思います。
 次の大会は、4月の学校総合体育大会です。今の2年生にとっては、最後の大会となります。男女とも、県大会出場を目指して練習を重ねていきますので、これからも応援よろしくお願いします。