日誌

薬物乱用防止教室

 本日の6時間目に埼玉県薬物乱用防止指導員の保泉様を講師としてお招きし、薬物乱用防止教室を体育館で行いました。

 DVDの上映では薬物を乱用することにより、どういった影響があるのか、身体にはどのような異常が現れてしまうのかということについて示していただきました。また、続く講話の中では、実際に埼玉県であった事例などを示していただきました。生徒は、薬物乱用を自分のまわりでも起こりうることとして捉え、真剣な眼差しで講話を聞いていました。

 生徒たちは、「薬物はダメ、ゼッタイ」という合言葉を胸に、日々過ごしていくことを再確認していました。

      薬物乱用防止教室の様子