日誌

スケアード・ストレイト

スケアード・ストレイト(Scared Straight)とは、恐怖を直視するという意味で、恐怖を実感

することでそれにつながる危険行為を未然に防止するための教育手法をいいます。

この方式による交通安全教室では、スタントマンによる事故現場の再現を見ることによって

交通ルールを守ることの大切さや、実際にどのようなことに気をつけて自転車に乗ればよい

かを学ぶことができました。

 

教頭挨拶       スタントマン紹介

教頭先生の挨拶                  スタントマンのみなさん

 

実演       実演

           時速40kmでの自動車と自転車の衝突の再現

 

実演       実演

       見通しの悪い交差点での自動車と自転車の衝突事故の実演

 

       実演

     トラックの死角から直進した自転車と右折した自動車の事故の実演