日誌

自転車ヘルメット着用推進校の指定について

 先日、埼玉県教育委員会から自転車ヘルメット着用推進校に本校が指定されました。本県のみならず全国的に、中高生の交通事故、中でも自転車乗車時の事故が多く発生しています。特に、事故の際の転倒時に、頭部を強打し、後遺障害を余儀なくされたり、あるいは死亡に至ってしまう事も多いのが現実です。しかし、ヘルメットを着用することによって、不測の事故の際の被害を最小限に防げることは、科学的にも立証されています。

 本校では、本指定を受け、12月18日(月)薬物乱用防止教室後に「高校生の自転車安全運転推進講習会」参加者生徒による伝達講習を、12月22日(金)終業式での校長講話にて、ヘルメット着用の必要性について、指導を実施いたしました。自転車を活用する全ての生徒が、安全な日常生活を過ごせることを目指しています。