日誌

基礎救急講習

 日本では、毎年9月9日を「救急の日」とし、この日を含む一週間を(日曜日から土曜日まで)を「救急医療週間」と定めています。
 本校では、9月10日(月)、2年生の家庭科「生活と福祉」の授業で「基礎救急講習」が行われました。専門家(深谷消防署員)の方から、直接、人工呼吸やAEDの使い方を指導していただきました。生徒たちは、「人工呼吸」や「胸骨圧迫」の実演及び「AED」の操作を体験し、救急医療の実際を知ることができました。
 専門家の方による同授業は、9月11日(火)にも行われます。本校では、長年、「基礎救急講習」を家庭科授業の一環として取り組んできました。総合学科高校ならではのユニークな授業であり、生徒たちにも好評です。
 この後の授業でも繰り返し練習を重ね、いざという時に率先して行動できるようにしていきます。
基礎救急講習1 基礎救急講習2
基礎救急講習3 基礎救急講習4
基礎救急講習5 基礎救急講習6