日誌

1年生 百人一首かるた大会


  国語の授業で取り組んでいる百人一首。
 1年生が、デカルタ(でっかいかるた)を使い、かるた大会をおこないました。
 体育館に所狭しと並べられた100首のデカルタ。それを1首ごとに各クラス
 代表7名が競い合い、次々とクラスの中でバトンが渡されていきます。
  上の句が読み上げられると、いっせいにかるたに向かって走り寄り、下の句
 の札を取りにいく選手たち。まわりで応援しているクラスメイトが、札のある
 場所を選手に大声で教えながら、一致団結して勝負に臨んでいました。
   かるた大会の様子 かるた大会の様子