日誌

2019年度埼玉県高等学校女子サッカー新人大会

 

いつもお世話になっております。

女子サッカー部顧問です。

 

新人大会で4試合戦ってきましたのでここで報告させていただきます。

 

 

・リーグ1試合目 1月13日(月)寄居城北高校VS庄和高校

ケガもあり9人で試合に臨みました。人数が2人少ないということもあり、点を取られないサッカーを心掛け試合を展開しました。結果押し込まれる場面も多い中、0点で守り抜くことができ、粘り強いサッカーができました。

 

0-0(前半0-0 後半0-0) △

 

 

・リーグ2試合目 1月18日(土)寄居城北高校VS埼玉平成高校

相手チームが7人で城北より2人少ない状態での試合でした。いままで人数が少ない相手との試合経験がなかったため、前半のはじめは思うような試合を展開できませんでした。しかし少しずつボール運びがわかってきて多くの得点を取ることができ、選手たちの適応能力の高さを感じるいい試合でした。

 

5-1(前半3-0 後半2-1) 〇

 

 

・リーグ3試合目 1月25日(土)寄居城北高校VS入間向陽高校

入間向陽は前回の大会ベスト8をかけて戦い、0-11で敗れたチームです。ここまで勝ち点4できているので勝ち、引き分けで決勝トーナメント出場(ベスト16)。負けの場合は庄和高校との得失点差と決まっていたため、しっかりと守り抜き負けても得失点差でベスト16を決めようと事前に選手たちに伝えていました。この試合ではフルメンバーの10人で戦い、前半0-0で抑えることができました。後半何度か攻め込むシーンを作ったのですが、2点決められ0-2で敗れてしまいました。しかし前回の試合に比べ、内容のいい戦いができ選手たちも試合後、非常にいい顔をしていました。

また庄和高校との得失点1点差で決勝トーナメント(ベスト16)に出場することができました。

 

0-2(前半0-0 後半0-2) ×

 

 

・決勝トーナメント 2月2日(日)寄居城北高校VS山村学園高校

ベスト8をかけ、9人で試合に臨みました。格上の相手にパスサッカーと個人技で攻め込まれ前半で6点取られてしまいました。しかしハーフタイムでも心は折れておらず、前半での改善点を伝えると、後半は完璧に崩されることも少なく3点に抑えることができました。

本当に城北の良さは気持ちの強さだと改めて感じる試合でした。

 

0-9(前半0-6 後半0-3) ×

 

 

 3年生が引退し人数が少ない中でも、日々練習や試合を通して選手の成長を感じることができています。次の大会は4月、5月にある総合体育大会です。ひとりひとりがサッカーに向き合い、次の大会ではベスト8を目標にやっていきたいと思います。

 

保護者の皆様及び関係者の皆様、いつも応援ありがとうございます。

今後とも寄居城北女子サッカー部をよろしくお願い致します。