日誌

2011年3月の記事一覧

平成22年度3学期終業式


平成22年度、寄居城北高等学校3学期終業式が行われました。
 
 
 
式に先立ち、東北関東大震災によって亡くなられた方々へ黙祷がささげられました。
 
 
   
 
 
本年度は寄居城北高等学校の完成年度として、第一期生の卒業など様々な行事が行われた
実りある一年間となりました。
 
来年度も寄居城北高等学校をよろしくお願いいたします。
 

2年次生 進路ガイダンス


 3月22日(火)、今年度最後の2年次生向けの進路ガイダンスが行われました。
 
 多数の上級学校の方々にお越しいただき、体育館いっぱいに各ブースが作られ、
 生徒達は希望の場所で入試対策や上級学校で学ぶこと、更には就職に至るまで
 様々なお話を伺うことができました。
 
 いよいよ最上級生となる時期が迫り、自分の進路実現に向けて気持ちの
 引き締まる思いでこのガイダンスを終えることができたようです。
  

入学許可候補者説明会が行われました


平成23年度入学許可候補者説明会が行われました。
 
午前中には体育着の採寸なども行われ、希望に胸を膨らませた入学許可候補者が
入学にむけての準備を進めています。
 
そして、4月からは晴れて寄居城北高校生としての生活がスタートします。
 
       
  

3月16日および17日以降の授業に関するお知らせ

  生徒の皆さんへ
 
1 明日(3月16日)の授業について
  ・原則として予定通り授業を実施します。
  ・ただし、朝7時の時点で秩父鉄道が全面運休していた場合は休校とします。
  ※休校の場合には、本校ウェブサイトに午前7時をめどに、その旨掲載します。
   ただし、ネットワークの状況により掲載が遅れたり見られない場合もあります。
 
2 明後日(3月17日)以降の授業について
  ・17日以降は、通常どおり授業を実施します。
  ・ただし、自分が登校で利用している公共交通機関が朝7時の時点で運休の場合には、
   その生徒については自宅待機(自宅で自習学習)とします。
  
(注意)登下校の際は、交通事故等に遭わないように十分気をつけましょう。

同窓会入会式


3月7日に新井弘三さまのご臨席のもと、同窓会入会式が行われました。
初めに中山教頭先生から同窓会設立の経緯や、組織、規約の説明がありました。
 
次に同窓会長予定の新井弘三様より前身の寄居高校の活動では、
在校生が関東大会やインターハイに出場した時には同窓会から資金援助がされたり
現地に応援に駆け付けたこと、また学校行事には率先して参加してきた経緯が説明されました。
 
そして、これからは寄居城北高校のために194名の同窓会員が共に手を携え
積極的に母校を応援していきましょうというご挨拶をいただきました。
 
最後に第1期生の同窓会館時の紹介があり、滞りなく同窓会入会式が閉会しました。

第一回 卒業式

 

  多くのご来賓、保護者の皆様のご臨席のもと寄居城北高等学校第一回卒業式が挙行され、
194名の第一期生が本校を卒業しました。
 寄居高校と川本高校の統合により校章も制服もまったく新しく生まれ変わった単位制総合学科
寄居城北高等学校が創立されてから早3年。
最初は寄居高校の3年生と寄居城北高校の1年生が校舎や施設を譲り合う形でのスタートと
なりました。校舎の増改築、翌年には体育館の改築が始まり、あわただしい中での学校生活
だったことと思います。
 また第1期生として、遠足、体育祭、文化祭、マラソン大会、生徒総会などたくさんの行事等に挑戦し、
伝統の基礎を作り上げてきました。翌年には後輩も入学し、先生方も毎年20名以上も増え、
寄居城北高校の完成年度に至った本年度。
第1期生が作り上げてきた行事が全学年そろって行われると、それは活気あるものになりました。
 
 寄居城北高等学校の歴史とともに高校生活をスタートさせた第1期生。
その学校生活は第1期生としてのプレッシャーとの戦いでもあったと思います。
第1期生が築きあげた寄居城北高校は大きな礎となり、在校生や将来の入学生へと
受け継がれていくことでしょう。
ご卒業おめでとうございます。