日誌

2012年3月の記事一覧

終業式


 表彰式に続き、H23年度終業式が行われました。
 【校長講話要約】
 この1年間を振り返り、糧とし、新たな気持ちで新年度を迎えて欲しい。
 去る10日に行われた卒業式は厳粛で思い出に残る素晴らしい式だった。
 新3年は進路決定をしていく学年。状況は依然厳しいので、相当の覚悟を持って臨むように。新2年は城北の中心として気持ちをしっかりと持って生活していって欲しい。
 3学期に視聴した「私たちの時代」というドキュメンタリー。あの「最後まで決してあきらめない気持ち」はどこから来たのか?困難に直面したとき再起を果たすことができるのは「こんな事で落ち込んでてどうするのだ。必ず切り抜ける事ができる」と前向きに考える人である。
 (WBA世界スーパーフェザー級チャンピオンの内山高志選手の本『心は折れない』を紹介し)あきらめない、折れない心を持ち続け自分の進路決定等に生かしてもらいたい。
 時間は皆さんを待ってくれない。何となく春休みを過ごすのではなく、しっかりとこの1年を振り返り、自分なりの評価を出してみて欲しい。その上で新学年の目標を立て、新しい一歩を踏み出す準備をしよう。
 
 
 
 

手話講習会

 
 JRC部主催の手話講習会が行われ、食べ物やスポーツ・日にちの表現方法などを教えていただきました。
 
 講師:深谷市視聴覚障害福祉協会
     森本 とき枝 先生
 
 
 

花いっぱい運動


 桜沢小学校・寄居中学校・寄居城北高校の3校合同で花いっぱい運動を行いました。
 各校の児童・生徒・PTA・教職員が一緒にプランターの花の手入れをし、秩父線桜沢駅に飾りました。春の訪れを感じさせる駅のホームになりましたので、機会がありましたら是非ご覧ください。
 
 

1年生球技大会

本日は1学年の球技大会を行いました。
バドミントン(バドミントンは球技なんです)と卓球。クラス内でそれぞれ5人組を数チーム作り、1対1の試合を5試合、3勝した方の勝ちという団体戦。勝ち抜きトーナメント。みんなが協力して素早く進行できたので、一回戦負けのチームも敗者復活のようなゲームを行ったりもしました。
バドミントン男子の優勝チーム1-5Aは最後に教員チームと試合を行い、接戦の末3-2で勝利。若さを見せ付けてくれました。試合に夢中で写真がないのが残念!!

第2回 卒業証書授与式


 寄居城北高校2期生219名の卒業証書授与式が厳かに挙行されました。
 卒業生代表の答辞では感極まって言葉に詰まる場面があり、卒業生達から「頑張って」という声が掛かり多くの涙を誘いました。
 2期生の皆さんの今後の活躍をお祈りいたします。卒業おめでとう!
 

入学許可候補者発表


 
 発表時刻の前から多くの受検生と保護者が集まり、その時を待っていましたが、発表と同時に歓喜の声が響き渡りました。
 春に入学してくる皆さん、寄居城北生及び教職員一同心よりお待ちいたしております。一緒に寄居城北高校の素晴らしい歴史を築いていきましょう。