日誌

2012年9月の記事一覧

第3回学校説明会


 9/29(土)、第3回学校説明会を実施しました。
 多くの中学生と保護者の方々にご参加頂きありがとうございました。
 
 
  今回は学校概要説明の後、各講座に分かれて体験授業を行いました。
 
 第4回は11/17(土)9:30開会の予定です。内容は第3回と同様、学校概要説明のほか体験授業を実施いたします。詳しくはこのホームページの左記メニュー「学校説明会」をご覧の上、奮ってお申し込みください。
 

街頭キャンペーン


 延期されていた秋の全国交通安全運動の街頭キャンペーンを行いました。
 
 寄居警察署前の140号線で、信号待ちで止まったドライバーらに家庭科部の手作りマスコット「無事カエル」などを手渡しながら交通安全を呼びかけました。
 また、140号線と254号線の分岐点には、恒例となっている寄居地区交通安全協会お手製の巨大モニュメントも設置されています。
 
 

秋の全国交通安全運動


 9月21日から30日までの10日間、「秋の全国交通安全運動」が展開されます。
 今回も寄居町の出陣式に吹奏楽部と家庭科部が参加しました。
 
 家庭科部部長の三浦ひなさん(2年)が代表で交通安全宣言を行い、吹奏楽部がアトラクションとして4曲を披露しました。その他、交通安全講話などがありました。
 あいにくの天候だったため、家庭科部らによる街頭キャンペーンの「無事カエル」の配布活動は延期となりましたので、後日追ってご報告させていただきます。

弓道部 関東大会出場

 
 昨年度に続き2年連続で弓道部が関東大会への出場を決め、壮行会を実施しました。
    選手名: 堀口 竜雅 (2年1組)
    大会名: 関東高等学校弓道個人選手権選抜大会 (於 明治神宮弓道場)
     大会日: 平成24年9月8日(開会式)・9日(試合)
 
 【壮行会挨拶より】
 校長:誰もが成し得る事ではない、大変名誉な事である。学校のそして埼玉県の代表としての自覚を持って、上位入賞を目指して欲しい。
 顧問(丸山教諭):8/22に行われた県予選会では男子約420名の参加者で競われ、関東出場権を手にできる上位12名のうち、10位入賞を果たした。生徒会では副会長を務め、文武両道を成し遂げている。周りの仲間と共に日頃から頑張った結果なので、感謝の気持ちを持って試合に臨んで欲しい。
 生徒会長:持てる力を存分に発揮して頑張ってきて欲しい。
 堀口選手:強豪がいっぱいで緊張するが、試合までの残された僅かな日も練習を重ね、試合では精一杯頑張りたい。
 

始業式・表彰式


 夏期休業中の大きな事故の報告もなく、2学期の始業式を迎えられました。始業式に先立って商業科各種検定・硬筆展・剣道部・弓道部・コーラス部等多くの表彰伝達も行われました。
 
 【校長講話概要】
 始業式に先立って行われた表彰式では、沢山の表彰者がいて大嬉しく思う。「部活の城北」の名にふさわしい活躍もあった。
 ロンドン五輪では多くの勇気と希望・そして感動を与えてもらった。競技後のインタビューに応えるほとんどの選手が「感謝」の言葉を口にしていたのが印象的だった。世界中のトップアスリートたちが異口同音に口にした「感謝」とは何か。それは「自分が頑張った成果」では決してなく、「多くの人の支えがあったからこそ今の自分がいる」ということ。人は決してひとりではないのだ。
 滋賀県大津市のいじめの問題。いじめは犯罪であり、本校でもこうしたことが起こればためらわず警察に通報したい。学校は生徒にとって安全で安心して生活できる場でなくてはならない。尊い命を自ら絶つような行為は決してあってはならない。諸君の周りにはいつだって親身になってくれる先生・家族・友達がいる。決してひとりではないのだ。
 今日は二つの異なる視点から、決してひとりではないこと・感謝の気持ちを常に忘れないことについて話した。
 3年生は人生を大きく左右する待ったなしの大事な時期。自分の将来について正面から向き合い、決して逃げず、決してあきらめず、そして感謝の気持ちを忘れず進路実現を果たして欲しい。
 行事の多い学期でもある。部活動などでも大いに健闘を期待している。