日誌

2018年1月の記事一覧

29年度(10月~1月)卓球部活動報告

 お世話になっております。寄居城北高校卓球部顧問です。今年度10月から1月までの卓球部の活動を報告します。
  11月4日に進修館高校と練習試合を行いました。団体戦では村山(男衾中出身)・中村(寄居中出身)とダブルスの中村と石川(男衾中出身)のペアが奮闘して、3-2で勝利することができました。
 11月11日には上尾のスポーツ総合センターでの埼玉選手権大会(ダブルス)に参加しました。中村と石川のペアがフルセットまで食らいついたのですが、2回戦で負けてしまいました。
 12月27日に本庄高校と練習試合を行いました。団体戦では、飯野(男衾中出身)・石川・栁澤(本庄南中出身)・中村と石川のペアが相手を圧倒し、4-1で勝利することができました。
 年が変わって、1月7日には上尾運動公園体育館で行われた埼玉県ジュニア卓球選手権大会に参加しました。上まで勝ち進むことはできませんでしたが、新人戦に向けての収穫を得られました。
 1月20日には熊谷西高校と練習試合を行いました。大会2日前ながら奮わず・・・団体戦は0-3で敗れてしまいました。ですが、各自この練習試合の結果を反省し、翌日の1月21日の練習では課題を重点的に克服していきました。
 そして迎えた1月22日の新人戦。9月の北部支部卓球大会以降部員達は、この大会での県大会出場を目標に一丸となって練習を積み重ねていきました。初日はシングルス。2年生の中村がベスト64まで進みましたが、深谷商業高校の子に敗れて県大会出場はなりませんでした。その他栁澤と飯野が3回戦に進出しました。悔しい気持ちを大事にして、次の日以降戦っていこうと話してこの日は解散しました。
 2日目はダブルス。前日の悔しさをばねに頑張り、中村と石川のペアが、2人にとっては今までで一番のベスト32まで進出しました。しかし、県大会出場がかかるベスト16決定戦では深谷商業高校のペアに敗れてしまいました。敗者復活戦で中村と石川のペアは、1回戦の相手の鴻巣高校に3-0で勝ちましたが、2回戦で惜しくも深谷第一高校相手に1-3で敗れてしまいました。
 3日目は団体戦。前日に相手棄権のため1回戦の勝利が決まって挑んだ2回戦。勝てば県大会進出が決定する試合の相手は熊谷工業高校でした。手強い相手ですが、出場した生徒たちは相手に食らいついて頑張りました。1番手の栁澤はフルセットまでいくも届かず2-3で敗れ、2番手の中村も同じくフルセットまでもつれるも2-3で敗れました。ダブルスの中村・石川のペアも、フルセットまでいきました。しかし、同時並行で試合をしていた5番手の関根(寄居中出身)が惜しくも1-3で敗れ、決着がついたため、競っていたダブルスは途中で終わりとなってしまいました。結果的には、0-3で残念ながら敗れてしまいました。

 まだ県大会の望みを捨てずに挑んだ敗者復活戦1回戦の相手は、前回の9月の県北大会のシングルスで優勝している子がいる早稲田本庄高校でした。1番手の飯野は最初リードするも、相手に追いつかれ2-3で敗れてしまいましたが、2番手の中村がフルセットの末に3-2で勝ちました。これで1-1。しかし、ここから早稲田本庄が本領を発揮し、4番手の栁澤・5番手の石川は0-3で敗れてしまいました。敗者復活戦1回戦は結果的には、残念ながら1-3で負けてしまいました。

 惜しくも今回の新人戦では県大会出場はできませんでしたが、部員たちは皆よく頑張りました。日々一生懸命練習している成果が出て、部員たちは確実にレベルアップしています。次の大会は、4月の学校総体です。現2年生にとっては県大会出場がかかる最後の大会です。県大会出場を目標にこれからも練習に励んでいきますので、今後も寄居城北高校卓球部の応援をよろしくお願い致します。

 中学3年生の皆さん。もうすぐ受験ですね。受験勉強頑張ってください。そして、ぜひ寄居城北高校で一緒に卓球をしませんか。初心者でもやる気があるなら大歓迎です!