日誌

2018年4月の記事一覧

H29年度2月~30年度4月 卓球部活動報告

 お世話になっております。寄居城北高校卓球部顧問です。平成29年度2月〜30年度4月の活動を報告します。

 211()に体力をつける目的で寄居町駅伝に参加しました。アップダウンが多く走るのが難しいコースでしたが、出場した5人は頑張ってくれました。

 218()には、秩父市文化体育センターで行われた県北卓球大会に参加しました。団体戦ではベスト4以上の入賞を目指しましたが、CTCジュニアという秩父の中学生のクラブチームに1-3で負け、入賞できず、実力不足を痛感しました。

 317()に小川高校と練習試合を行いました。小川高校は、1人北部地区でベスト32に入る選手がいましたが、中村(寄居中出身)・石川(男衾中出身)を中心に健闘して団体戦は5-0で勝つことができました。

 321()、進修館高校と松山高校で合同練習試合を行いました。個人戦では松山高校の選手何人かに勝つことができた部員もいましたが、松山高校のレギュラーメンバーには勝つことができず、県大会に行くチームとの差を感じました。

 326()、北部地区技術講習会に参加しました。北本高校・鳩山高校・妻沼高校・皆野高校・深谷高校と団体戦をし、全勝できました。

 331()、熊谷工業高校と練習試合を行いました。1月の新人戦県北予選で対戦した時よりも元気がなく、団体戦は0-5で負けてしまいました。熊谷工業高校には、中学校の同級生がいたみたいで、試合を通じて互いの成長を感じ、有意義な練習試合をすることができました。

 年度が変わって414()滑川総合高校と練習試合を行いました。北部地区でベスト32に入っている選手とベスト64に入っている選手に歯が立たず、団体戦は2-3で負けてしまいました。この敗北が部員達にとって悔しかったようで、次の日から一層練習に取り組むようになり、1年生9名を迎えたのもあって練習に活気がありました。 

 こうして迎えた423()からの学校総合体育大会北部地区予選。現3年生にとっては、県大会出場がかかる最後の大会です。1日目のシングルスは、3年生の中村が熊谷高校の前回の優勝者に当たってしまい、ベスト64で終わってしまいました。その他3年生の柳澤(本庄南中出身)、関根(寄居中出身)2年生の飯野(男衾中出身)、林(秩父一中出身)3回戦に進出しました。

 2日目のダブルス、3年生の中村と石川が前回惜しくも県大会を逃しています。12回戦を難なく進み、3回戦の相手の桶川高校のペアも、相手のエースにやや苦戦しつつも、3-1で勝利。勝てば県大会確定となる4回戦、相手は前回大会ベスト8だった東京農大三高のペアでした。中村・石川は1セット目から積極的に攻撃をしかけて3-1で勝つことができました。5回戦では本庄第一高校のペアに負けてしまいましたが、ベスト16に入り、県大会への出場を決めることができました。その他2年生の飯野・村山(男衾中出身)のペアが3回戦まで行きました。またこの日、団体戦の1回戦が行われ、本庄高校相手に柳澤、中村、中村・石川のペアが勝ち、2回戦進出を決めました。

 3日目の団体戦、2回戦の相手は本庄第一高校でした。ランキング1位の高校相手に手も足も出ず、0-3で敗れてしまいました。

 敗者復活からの県大会を目指して臨んだ敗者復活戦1回戦。相手は本庄東高校でした。1番手の中村は、最初リードするもミスが目立って2-3で敗北。2番手の柳澤は、同じ中学校の選手相手に0-3で完敗しました。もう1敗もできない状況で、臨んだダブルス。中村と石川のペアは、互いにミスをカバーしあって3-2で勝利。同時に行われていた5番手の飯野も、ツッツキとドライブが冴えて3-2で勝利。これで団体戦は2-2となり、4番手の村山の試合で勝敗が決まります。しかし、1セット目は取ったものの、2セット目以降相手に押し切られ、1-3で敗北し、団体戦は2-3で敗れてしまいました。

 残念ながら、団体戦では県大会出場は叶いませんでした。ですが部員達は本当によく頑張ってくれました。出場した部員も出場しなかった部員も仲間のことを大きな声で応援をしており、良いチームでした。これからは2年生が中心となります。これからも寄居城北高校卓球部の応援をよろしくお願いします。