日誌

2018年9月の記事一覧

平成30年度8月~9月卓球部活動報告

 いつもお世話になっております。寄居城北高校卓球部顧問です。夏休み期間中から9月までの活動報告です。

  88()に約半年ぶりに熊谷工業高校と練習試合をしました。2年生の飯野や村山(共に男衾中出身)が頑張ったものの団体戦は2-3で負けてしまいました。その後の個人戦は互いに活気のあるもので、有意義な練習試合となりました。部員たちは自分に足りないものを確認して、一層やる気を出してくれました。

 819()に深谷商業高校と進修館高校と合同練習試合をしました。部員たちは、北部地区の強豪校と対戦することで、刺激を受けた様子でした。

 821()には、学年別強化卓球大会2年生の部がウイングハット春日部でありましたが、林(秩父一中出身)が一回戦勝てただけでした。

 822()にも、ウイングハット春日部で学年別強化卓球大会1年生の部がありました。堀内(高篠中出身)2回戦を突破しましたが、その次で負けてしまい、ランキング入りを果たすことは叶いませんでした。

 823()の学年別大会強化卓球大会女子の部では、2人とも初戦負けでした。

 824()には北部支部審判講習会に参加しました。Aチームには、経験を積ませる目的で1年生を団体戦で多く試合させました。熊谷西高校B・東京農大三高・秩父農工科学B・秩父高校・深谷高校と団体戦を行いましたが、秩父農工科学Bにしか勝てませんでした。

 827()には、北本高校と越生高校と練習試合をしました。越生高校との団体戦では、村山・飯野と村山のダブルス・林の活躍で、3-2で勝つことができました。北本高校との団体戦では、飯野とダブルスしか勝てず、2-3で敗北してしまいました。越生高校とは地区が違うので、他地区のレベルの高さを感じ、刺激となったようです。北本高校とは、同じ地区ということで部員達は互いに仲良くなったようです。

 92()上尾運動公園体育館で行われた全日本選手権に参加しました。一人一人夏の練習の成果を出してくれたようで、試合内容自体は1学期よりも良くなっていましたが、あと1本が出ず皆初戦負けでした。

 99()ウイングハット春日部で行われた全日本選手権に参加しました。1年生2人が一回戦を突破しました。2年生の飯野は3回戦で本庄第一高校の選手に勝つことができ、ベスト256に入ることができました。 

 915()、女子がウイングハット春日部で行われた全日本選手権に参加しましたが初戦負けでした。

 916()、寄居町アタゴ体育館で行われた国体記念卓球大会に参加しましたが、予選リーグを突破し決勝トーナメントに進むことができたのは栗原(男衾中出身)だけでした。熊谷西高校を苦手とする部員が多いようです。この大会の開会式では、高橋(岡部中出身)が見事な選手宣誓をしてくれました。

 917()、深谷のビックタートルで行われた深谷市長杯に参加しました。1回戦を勝ち上がることができたのは、高橋だけでした。

大会1週間前、部員達は練習を積み重ねていきましたが、不運なことに怪我が相次いでしまいました。

 925()、高体連北部支部卓球大会が熊谷ドーム体育館で行われました。現体制になって初めての高体連主催の大会です。シングルスでは2年生の飯野がベスト64に入りました。団体戦の1回戦は、熊谷商業高校が相手でした。レベルの高い選手が1年生に2人、2年生に1人いる学校です。1番手の林は1年生の格上相手によく粘って点を取り、リードしましたが、終盤追いつかれて2-3で敗北。2番手の飯野も0-3で敗北。ダブルスも競っていましたがあと1本が出ず2-3で敗れ、同時に行われいた栗原も0-3で敗れてしまい、結果としては残念ながら0-4で、1回戦で終わってしまいました。

 課題を多く残す大会でした。9月の結果をきちんと受けとめ、次の大会では勝ち上がれるよう、部全体で一丸となって練習に励んでいきたいと思います。次の大会は1月に行われる新人戦です。これからも寄居城北高校卓球部の応援をよろしくお願いします。