日誌

2019年4月の記事一覧

H31年3月~4月 卓球部活動報告

お世話になっております。寄居城北高校卓球部顧問です。

まず練習試合の報告です。3月は、熊谷西高校、熊谷工業高校と練習試合をしました。4月は、男子は小川高校、滑川総合高校、皆野高校と練習試合をし、女子は小川高校、滑川総合高校、坂戸西高校と練習試合をしました。

月26日()には、くまがやドームで行われた技術講習会に参加し、皆野高校・児玉白楊高校・本庄東高校・東京農大三高と団体戦を行いました。

また、3月25日()には、深谷ビッグタートルで、高体連主催の講習会に参加しました。Tリーグのチーム「T. T彩たま」の坂本竜介監督と岸川聖也選手の講習を受け、効果的な切り返しの練習の仕方やカットの方法など、生徒たちはプロ選手から教わることに刺激を受けていた様子でした。

次に大会の報告です。4月25日()〜27日()の3日間学校総合体育大会北部支部予選が、くまがやドーム体育館で行われました。 25()の初日は、シングルスでした。男子は2年生の丸岡(岡部中出身)が、調子よくブロックが決まり、ベスト64に入りました。1年間で足もよく動くようになり、成長した結果です。その他、3年生の飯野と村山が3回戦まで進みましたが、県大会出場は叶いませんでした。女子は1年生中心ということもあり、全員初戦負けでした。

  26()の2日目は、ダブルスと団体戦でした。男子は全ペアとも、初戦で上位校の選手たちと当たり、敗れてしまいましたが、女子は2ペアとも、初戦に勝利できました。

男子の団体戦1回戦の相手は、早稲田大学本庄高等学院でした。正直トーナメントが一番運の悪い場所で、ベスト8に進出した学校が相手でした。2番手で出場した高橋(岡部中出身)が相手を追い詰めたものの、勝利することはできず、0ー3で敗れてしまいました。

  27()の3日目は、女子の団体戦がありました。初戦の深谷商業高校は、全く歯が立たず、0-3で敗れてしまいました。

 敗者復活戦の相手は秩父高校でした。1番手・2番手は最初勢いよくセット取ったものの、まだまだ1年生で大会経験が少ないため、徐々にミスが目立つようになり、両者ともセットカウント1-3で敗れてしまいました。ダブルスも同様に1セットは取りましたが、その後は及ばずセットカウント1-3で敗れてしまいました。結果団体戦は0-3で、次に進むことは叶いませんでした。

 3年生最後の大会は、残念ながら県大会出場は叶いませんでしたが、彼らはよく戦っていました。1年生の頃から比べると、卓球の技術はもちろん、人間としても大きく成長したように思います。それぞれの進路に向けた活動を頑張ってほしいと思います。

次の地区大会は、9月の高体連北部支部卓球大会です。男子は1年間で成長した2年生が中心となります。女子は4人集まって団体戦に出場できるようになりました。男子も女子もやる気に満ち溢れています。大会で少しでも上に行けるように、練習を積み重ねていきますので、これからも寄居城北高校卓球部の応援をよろしくお願いします。